教育目標EducationalPolicy

大藤学園の目指す教育目標は、
54年の歴史を有する建学以来、変わることなく「体・知・心」にあります。
この教育目標は、子どもが人間として生きるために必要な基礎づくりを意味し、
同時に子どもたちが、「体・知・心」の調和のとれた発達をすることによって、
将来、立派な社会人として成長してほしいという願いがこめられています。
人間形成の基礎となる「心・身(体)」の発達のうえに、
より豊かな人生をつくっていくために
必要な「知」を導き入れることによって、子どもたちの無限の可能性を求め、
永遠の成長を願う
これが私どもが目標とするところです。

体 健康で明るく、たくましい子どもに育てる

幼児期において一番に大切なことは、健康な体づくりです。
基礎的な体力・運動能力づくりの為に、サッカーやマラソン・
縄跳び・跳び箱などの運動を楽しみながら体験していきます。

知 創造性豊かで、やる気のある子どもに育てる

一人ひとりの子どもの豊かな創造性と感性を育てるために、
自主性、自発性を尊重し、楽しみながら体を動かすことで、
生き生きとした表情・感情を伴った表現を引き出して育てます。

素直になんでも吸収する幼児期、お友だちや教師との毎日の生活の中で
「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言え、まわりを思いやれ、
美しいものに感動できる、そんな豊かな「心」の基礎作りをします。

認定こども園新さっぽろ保育園 大藤子ども園 ほんごう館 認定こども園新さっぽろ保育園