みらいへ
つなぐ
大藤の想い。

からだ
あたま
こころ

OHFUJI GAKUEN

建学の精神

未来を創る子どもたちへ 
人間としての基礎作り。

ようこそ 大藤学園へ。WELCOME TO OHUJI GAKUEN.

学校法人大藤学園は、昭和33年に札幌市白石区初となる幼稚園『本郷幼稚園』からスタートしました。以降、厚別区、清田区、北区に幼稚園・認定こども園・認可保育所・小規模保育事業・企業型保育事業・学童保育を開設しています。いつの時代も子どもを取り巻く環境や社会情勢に合わせながら、子ども成長の助長と、子育てのサポートの一助を担ってきました。 

大藤学園の目指す教育目標は、
建学以来、変わることなく
「体・知・心」にあります。

この教育目標は、人間が人間として生きるために
必要な基礎づくりを意味し、同時に子どもたちが
「体・知・心」の調和のとれた発達によって、
将来、立派な社会人として成長してほしいという
願いをこめています。

人間形成の基礎となる「心・身(体)」の発達の上に
生きてゆくために必要な「知」を導き入れることによって、
子どもたちの無限の可能性を求め、永遠の成長を願う─
これが私たちの目指すところです。

健康で、明るく、
たくましい
子どもに育てる。

幼児期において最も大切なことは、なによりも健康な身体づくりです。「体」の教育は幼児の自立にもつながります。
子どもたちの身体の成長は、バランスのとれた食事と共に、運動が欠かせません。
この第一の目標は、健康な体づくりから、精神的にも豊かで強く、どんな困難にあっても克服する努力を続けるたくましい子に育っていくことを願うものです。

創造性豊かで、
やる気のある
子どもに育てる。

子どもたちの好奇心・探究心には、驚くべきものがあります。初めてのことに対してもすすんで取り組み、いつしか工夫や新しいアイデアが生まれてきます。
私たち大藤学園の第二の目標は、「知」の力や、知る喜びを引き出すことです。
喜びをもって楽しく活動することは、集中力を高め、知的な発達へと導くことにつながります。
創造性豊かで、やる気のある子どもに育つことを願っています。

情操豊かで
心優しい子に
育てる。

幼児期は、もっとも素直になんでも吸収する時代。「心」の基礎づくりに大切な時期です。
私たち大藤学園では、「ありがとう」「ごめんなさい」を素直にいえる子ども、まわりを思いやる温かい心を持った子ども、美しいものに感動できる豊かな心を持つ子どもに育てたいと考えています。第三の目標は、まさに人間づくりそのもの。
私たちの社会の未来は、子どもたちの未来そのものだからです。

幼稚園・認定こども園・保育園